1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. 「Yahoo! JAPAN」を騙るフィッシングに注意喚起

「Yahoo! JAPAN」を騙るフィッシングに注意喚起

「Yahoo! JAPAN」を騙るフィッシングに注意喚起フィッシング詐欺対策の業界団体であるフィッシング対策協議会は、8月5日、「Yahoo! JAPAN」を騙るフィッシングについて注意喚起した。

これは、「Yahoo! JAPAN」の各種サービスを利用する際のアカウント情報(Yahoo! JAPAN IDやパスワード)を詐取しようとするもので、ユーザーが普段利用していない環境からログインがあったため、アカウントのログイン履歴を確認するよう促す内容の偽メールが不特定多数に送信されていた。メールに記載されたURLをクリックすると、本物そっくりに作られたフィッシングサイトに誘導され、IDやパスワードなどの入力を求められる。

「Yahoo! JAPAN」を騙るフィッシングメールの画面
「Yahoo! JAPAN」を騙るフィッシングメールの画面(同協議会のサイトより転載)

同協議会によると、フィッシングサイトは停止されていることが確認されているが、類似のフィッシングサイトが公開される恐れもあるため、引き続き注意が必要だ。上述したような内容の不審なメールを受け取ったときは、リンク先で個人情報を入力したりすることのないよう注意したい。また、ヤフー社は、誤ってログイン情報を入力した場合には、できるだけはやくパスワード変更の手続きを行うよう呼びかけるとともに、類似のフィッシングサイトやメールを発見した場合は連絡してほしいと呼びかけている。

Yahoo! JAPANをかたるフィッシング(2014/08/05)(フィッシング対策協議会)
気をつけよう! フィッシングメールQ&A(Yahoo!セキュリティセンター)
IDやパスワードをだまし取ろうとするページについて(Yahoo! JAPANヘルプセンター)

関連キーワード:
  • IPAが法人口座の不正送金被害に注意喚起
  • カテゴリートップへ
  • アップルが深刻な脆弱性を修正した「Safari」の最新版(7.0.6 / 6.1.6)を公開