1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. アップルがiOSの最新版「iOS 8」を公開

アップルがiOSの最新版「iOS 8」を公開

アップルがiOSの最新版「iOS 8」を公開アップル社は、9月17日(米国時間)、モバイル向け「iOS」の最新版「iOS 8」を公開した。

これによると、「iOS 8」では、それまでのバージョンに存在していた多数の脆弱性に対処し、Wi-Fi接続やカーネル、Safari、WebKitなどに存在する56件におよぶ脆弱性が修正されている。

「iOS 8」は、iPhone 4s以降、第5世代のiPod touch、iPad 2以降が対象となる。最新版への更新は、端末の「設定」をタップし「一般」→「ソフトウェアアップデート」と進むか、端末をパソコンに接続してiTunes経由でアップデートすることができる。

なお、「iOS 8」は、9月19日に発売された新型のスマートフォン「iPhone 6」でも採用されている。

・(英文)About the security content of iOS 8(アップル社)
Appleの「iOS 8」、セキュリティ問題も多数修正(ITmedia)

関連キーワード:

iOS

iPad

iPhone

アップル

ソフトウェアアップデート

  • コードサイニングとは
  • カテゴリートップへ
  • IPAとJPCERT/CCが「パスワード使い回し」をやめるよう呼びかけ(リスト型攻撃対策)