1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. IPAが「性的脅迫」について注意喚起

IPAが「性的脅迫」について注意喚起

IPAが「性的脅迫」について注意喚起独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は、12月1日、「2014年12月の呼びかけ」を公開し、この中で「性的脅迫」について注意を呼びかけている。

「性的脅迫」は「セクストーション」とも呼ばれ、「sex(=性的な)」「extortion(=脅迫)」が組み合わされた造語である。被害者のプライベートな写真や動画を入手して、それをネタに脅迫する行為を指す。

IPAには、2014年9月、「SNSを通じて知り合った異性から、プライベートな動画を見せ合おうとビデオチャット機能を持つアプリをスマートフォンにインストールするよう持ちかけられた。その後、アプリをインストールしてビデオチャットの最中に服を脱ぐなどしてしまった。後日、見知らぬ番号から着信があり、『あなたの電話帳の情報と動画を入手している。この動画をばらまかれたくなければ、指定の金額を払うように』という脅迫電話がかかってきた」という相談が寄せられたという。

こうした性的脅迫の手口は、以下のような特徴がある。

まず、攻撃者はSNSなどを使って、ターゲットとコンタクトを取り、信用させ、ビデオチャット用のアプリをインストールするよう持ちかけてくる。このアプリは実際は電話帳データを窃取する機能がある不正アプリで、アプリをインストールさせてから、プライベートな動画のやりとりを持ちかけてくる場合がある。

ターゲットは、不正アプリを通じて電話帳の情報を窃取され、さらに、プライベートな動画のやりとりを行ったときの動画データを攻撃者に保存されてしまう。そして、窃取した電話帳の登録者にプライベートな動画をばらまくと脅され、金銭を要求されるというものだ。

IPAは、一度、相手の手に渡ってしまった情報は削除することも、取り返すことも困難であり、ばらまかれてしまうことを抑止することも困難であることを指摘した上で、性的脅迫への対策として、次の2点を挙げている。

(1)アプリは信頼できるマーケットから
メールやSNSを通じて第三者にアプリをインストールするよう促された場合でも、送付された添付ファイルやURLをクリックして、アプリをインストールしない。アプリは必ず、信頼できるマーケットから入手する。

(2)プライベートな写真や動画は第三者に渡さない
SNSを通じて知り合った実際に会ったことのない相手はもちろんのこと、例え友人や恋人であっても第三者に見られたら困るプライベートな写真や動画を撮影させたり、そのデータを送ったりしない。

なお、万が一、性的脅迫と思われる被害に遭い、プライベートな動画をばらまくと金銭を要求された場合には、相手に対してうかつに連絡することは避け、警察へ相談することを検討するように呼びかけている。

2014年12月の呼びかけ(IPA)

関連キーワード:

IPA

SNS

不正アプリ

呼びかけ

脅迫

  • 2014年11月のIT総括
  • カテゴリートップへ
  • Googleがアカウント不正取得防止のための「CAPTCHA」新方式を発表