1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. 2014(平成26)年のネットバンキング不正送金被害額は約29億円と過去最悪(警察庁)

2014(平成26)年のネットバンキング不正送金被害額は約29億円と過去最悪(警察庁)

2014(平成26)年のネットバンキング不正送金被害額は約29億円と過去最悪(警察庁)警察庁は、2月12日、2014年中のインターネットバンキング不正送金事犯の発生状況を公表した。これによると、発生件数は1,876件、被害額は約29億1,000万円と、過去最悪だった2013年(1,315件、約14億600万円)から倍増していることが明らかになった。

また、被害が多くの地方銀行や信用金庫・信用組合に拡大するとともに、法人名義口座の被害が拡大している特徴が挙げられる。被害を受けた金融機関(102金融機関)の内訳は、都市銀行が16、地方銀行が64、信金・信組が22となっている。なお、被害額の内訳は、個人口座が約18億2,200万円、法人口座が約10億8,800万円と、法人名義口座の被害が増加している。

警察庁は、被害拡大の背景に、不正送金処理を自動で行うウィルスの利用等、手口の悪質・巧妙化があると指摘している。また、不正送金されたお金の移動方法については、一次送金先の口座から資金移動業者を介して国外に送金する手口が一昨年より減少している。

なお、当ブログでは、ネットバンキング不正送金被害を防ぐポイントについて解説する記事を公開しているので(→リンク先)、ご一読をおすすめする。

・(PDF)平成26年中のインターネットバンキングに係る不正送金事犯の発生状況等について(警察庁)
ネットバンキング不正送金被害、過去最悪の29億円超に(警察庁発表)(セキュリティ通信:So-netブログ)
基本的な対策と情報収集がキモ! ネットバンキング不正送金被害を防ぐポイントについて聞いてみた(辻 伸弘のセキュリティ防衛隊)

関連キーワード:

インターネットバンキング

ウィルス

不正送金

  • IPAが「2014年度情報セキュリティに対する意識調査」報告書を公開
  • カテゴリートップへ
  • 公開鍵暗号とは