1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. IPAがネットワーク対応機器の利用時のセキュリティ上の注意点を公開

IPAがネットワーク対応機器の利用時のセキュリティ上の注意点を公開

IPAがネットワーク対応機器の利用時のセキュリティ上の注意点を公開独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は3月17日、「ネットワーク対応機器を利用する際のセキュリティ上の注意点」を公開した。

これは、複合機、Webカメラ、情報家電、NAS(ネットワーク接続型ハードディスク)など、様々な機器がインターネットに接続され利便性が高まっている反面、不正にアクセスされるリスクも高まっていることから、適切なセキュリティ対策を行うよう呼びかけたものだ。

適切なアクセス制限等が施されていないと、Webカメラの企業内の映像、複合機でスキャンした文書、NASに保存された業務上重要なファイルなど、第三者に閲覧されてはならない情報が機器を通じて閲覧される可能性がある。

IPAは、対応策として、設置している機器の説明書にあるセキュリティ設定を確認するとともに、機器の特性や業務上のリスクを勘案し、以下の観点に沿った対策を実施するよう、システム管理者に呼びかけている。

(1)管理対象の機器を正確に把握
(2)機器のパスワード等のアクセス制限の設定
(3)ネットワークでの保護

また、機器の管理者は、機器メーカーからファームウェアなどのアップデートが提供された場合は、すみやかに適用し、脆弱性への対応を行うことが求められる。

ネットワーク対応機器を利用する際のセキュリティ上の注意点(IPA)

関連キーワード:

IPA

アクセス制限

セキュリティ対策

ファームウェア

脆弱性

  • 開発者向けの安全対策のポイント「安全なウェブサイトの作り方」改訂第7版が公開
  • カテゴリートップへ
  • マイナンバー(個人番号)とは