1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. 最新版のInternet Explorerの利用を推奨、サポートポリシー変更についてIPAが注意喚起

最新版のInternet Explorerの利用を推奨、サポートポリシー変更についてIPAが注意喚起

最新版のInternet Explorerの利用を推奨、サポートポリシー変更についてIPAが注意喚起
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は、12月15日、マイクロソフトの「Internet Explorer」(IE)のサポート対象が、OSごとに「最新版のみ」に変更されることについて注意喚起した。

これによると、このサポートポリシーは、米国時間2016年1月12日を期限に変更される。期限を過ぎてサポートが終了したソフトウェアを使い続けると、脆弱性が発見されても更新プログラムが提供されず、パソコンのセキュリティ状態を最新に保つことができない。脆弱性を解消しないパソコンで悪意あるWebサイトにアクセスすると、閲覧しただけでウィルスに感染するといった危険性などが考えられる。

Windows 7の場合、サポート継続バージョンはIE 11となる注:Windows 7の場合、サポート継続バージョンはIE 11となる(写真はIPAのサイトより転載)

IPAは、OSごとにサポートが継続されるIEの一覧表を公開し、サポートが終了するバージョンを使用するユーザーに、サポート継続バージョンにバージョンアップするよう呼びかけている。

主要なWindows OSとIEのサポート継続バージョンは以下の通りだ。なお、Windows 8は、2016年1月12日にてサポート終了するため、OSをWindows 8.1 Update やWindows 10 へバージョンアップした上で、IE 11(またはMicrosoft Edge)の利用を検討してほしい。

・Windows Vista SP2:IE 9
・Windows 7 SP1:IE 11
・Windows 8.1 Update:IE 11
・Windows 10:IE 11またはMicrosoft Edge

【注意喚起】 Internet Explorer のサポートポリシーが変更、バージョンアップが急務に(IPA)
IEを最新版に切り替えて――IPAが移行を呼び掛け(ITmedia)

日立ソリューションズの関連ソリューション

トータルセキュリティソリューション

トータルセキュリティソリューション

確かな技術と豊富な経験・実績を持つ日立ソリューションズだからできる様々なセキュリティニーズに対応したソリューションをご提供します。

詳しく見る

関連キーワード:
  • CISOとは
  • カテゴリートップへ
  • 約50%のユーザーが「自身からのマイナンバーの紛失・盗難」を不安視との調査結果