1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. ランサムウェア感染を狙った攻撃にIPAが注意喚起

ランサムウェア感染を狙った攻撃にIPAが注意喚起

ランサムウェア感染を狙った攻撃にIPAが注意喚起独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は、4月13日、ランサムウェアの感染を狙い、悪意のあるファイルが添付された日本語メールが多数確認されたとして注意喚起した。

IPAには、2016年3月から「ランサムウェアに感染した」という相談が急増し、4月に入っても相談が相次いでいる。これによると、ランサムウェアに関する相談件数は、1月に11件、2月に17件たっだものの、3月には96件と急増している。このうち、被害に遭ったという相談は全体の約88%を占めているという。

相談の多くは「受信したメールの添付ファイルを開いてしまったことでファイルが暗号化された」というものだった。

IPAで確認したメールの情報は、「あなたは、新しい請求書●●●●(数値)を持っています」などという件名の日本語メールで、本文には、「こんにちは!添付ファイルにあなたの配信アドレスを確認してください!」などの文言と、「.zip」の拡張子がついたファイルが添付されている。

ランサムウェアに感染すると、パソコン内のファイルが暗号化され開けなくなってしまう。IPAでは、セキュリティソフトを導入し、定義ファイルを常に最新の状態に保つことや、OSおよび利用ソフトウェアを最新の状態にするなどの基本的なマルウェア対策を示している。

また、心当たりのないメールに添付されたファイルは、開く前にメールの送信者に対して電話等で送信有無を確認することや、ランサムウェアの被害に備え、重要なデータは定期的にバックアップを取るなどの対策を講じることを推奨している。

【注意喚起】ランサムウェア感染を狙った攻撃に注意(IPA)


日立ソリューションズのセキュリティソリューション

CylancePROTECT

CylancePROTECT

AI(人工知能)技術のひとつである機械学習を利用したパターンファイルを必要としない方式で、既知、未知問わずにマルウェアを検知する次世代マルウェア対策製品です。

詳しく見る

サイバー攻撃対策ソリューション

サイバー攻撃対策ソリューション

高度化する標的型攻撃、マルウェア、DDoS攻撃に加え、リスト型攻撃、オンライン不正送金などに対応する最適なサイバー攻撃対策をコンサルテーションからシステム運用・監視までトータルに提供します。

詳しく見る

関連キーワード:

IPA

ランサムウェア

  • Flashの脆弱性(CVE-2016-1019)がランサムウェアの拡散に悪用される
  • カテゴリートップへ
  • Windows版QuickTimeがサポート終了。速やかにアンインストールを推奨