1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. NISCやIPAが「Pokemon GO」に関する注意喚起を公開

NISCやIPAが「Pokemon GO」に関する注意喚起を公開

NISCやIPAが「Pokemon GO」に関する注意喚起を公開人気スマホゲームの「Pokemon GO」(ポケモンGO)が、7月22日に正式に日本で配信開始した。これに先立ち、7月21日、内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は、ゲームの利用に関する注意喚起を公開した。これは、「内閣サイバーセキュリティセンターからポケモントレーナーのみんなへおねがい♪」と題しPDF形式で公開されたものだ。

イラストを交え、「個人情報を守ろう」「偽アプリ、チートツール注意」「お天気アプリは必ず入れよう」「熱中症を警戒しよう」「予備の電池を持とう」「予備の連絡手段を準備しよう」「危険な場所には立ち入らない」「会おうという人を警戒しよう」「歩きスマホは×ですよ」の9つの注意点が記載されている。

また、7月26日には、独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)が「安心相談窓口だより」の中で注意喚起を行った。思わぬ被害やトラブルに巻き込まれないためのポイントとして「アプリのインストールは公式マーケットから行う」ことと、自宅や生活エリアを第三者に特定されてしまうリスクを軽減するため「SNSへの画像投稿はよく確認してから行う」ことの2点を挙げている。

・(PDF)NISCの注意喚起
話題のアプリでトラブルに巻き込まれないために(IPA)


日立ソリューションズの関連ソリューション

サイバー攻撃対策ソリューション

サイバー攻撃対策ソリューション

高度化する標的型攻撃、マルウェア、DDoS攻撃に加え、リスト型攻撃、オンライン不正送金などに対応する最適なサイバー攻撃対策をコンサルテーションからシステム運用・監視までトータルに提供します。

詳しく見る

関連キーワード:

IPA

ポケモンGO

個人情報

偽アプリ

  • アップルがOS Xの最新版「10.11.6」とiOSの最新版「9.3.3」を公開
  • カテゴリートップへ
  • IPAが「なりすましメール」に注意喚起。パスワードの使い回しなどが原因