1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. NICTが「ナショナルサイバートレーニングセンター」の設置等を発表

NICTが「ナショナルサイバートレーニングセンター」の設置等を発表

NICTが「ナショナルサイバートレーニングセンター」の設置等を発表国立研究開発法人 情報通信研究機構情報通信研究機構(NICT)は、4月3日、「ナショナルサイバートレーニングセンター」の設置を発表した。

同センターは、実践的なサイバートレーニングを企画・推進する組織として設置されたもので、開設を受け、若手セキュリティエンジニアの育成を目的とした新規プログラム「SecHack365(セックハック サンロクゴ)」の受講生の募集を開始した。

NICTはこれまで、サイバーセキュリティの技術的知見を活かした実践的なサイバー防御演習「CYDER」を開発・実施してきたが、これまで以上にサイバーセキュリティ人材の育成が急務であることから、このたび、「ナショナルサイバートレーニングセンター」を設置、以下のような取り組みを進める。

(1)CYDERの開催規模を拡充し、47都道府県、3,000人規模で実施予定
(2)2020年の東京オリンピック・パラリンピック大会開催時を想定した模擬環境下で行う実践的なサイバー演習「サイバー・コロッセオ」の実施予定
(3)若手セキュリティエンジニアの育成を目的とした新規プログラム「SecHack365」の創設

特に、「SecHack365」は、高等専門学校、大学等と連携しつつ、25歳以下の学生や若手社会人から40名程度を公募を通じて選抜、1年をかけてセキュリティ技術の研究開発を指導することで、ハイレベルな人材を養成する。

具体的には、国内各地での座学講座やハッカソン(プログラマーなどが複数のチームに分かれて集中的にプログラミングを行い、アイデアや成果を競い合うイベント)の開催、コンテスト演習、先端的な企業見学等の社会体験などのほか、第一線で活躍する国内外の研究者・技術者との交流等を通じて、能力開発を行うということだ。

「ナショナルサイバートレーニングセンター」の設置及び若手セキュリティエンジニア育成プログラム「SecHack365」の創設と受講生の募集の開始について(NICT)

日立ソリューションズのセキュリティソリューション

トータルセキュリティソリューション

トータルセキュリティソリューション

確かな技術と豊富な経験・実績を持つ日立ソリューションズだからできる様々なセキュリティニーズに対応したソリューションをご提供します。

詳しく見る

サイバー攻撃対策ソリューション

サイバー攻撃対策ソリューション

高度化する標的型攻撃、マルウェア、DDoS攻撃に加え、リスト型攻撃、オンライン不正送金などに対応する最適なサイバー攻撃対策をコンサルテーションからシステム運用・監視までトータルに提供します。

詳しく見る

関連キーワード:

CYDER

NICT

SecHack365

サイバー・コロッセオ

ナショナルサイバートレーニングセンター

  • IPAが偽口座への送金を促す「ビジネスメール詐欺」に注意喚起
  • カテゴリートップへ
  • サイバーキルチェーンとは