1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. 「MyJVNバージョンチェッカ」の対象ソフトウェアが拡充される

「MyJVNバージョンチェッカ」の対象ソフトウェアが拡充される

独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は、5月24日、パソコンにインストールされたソフトウェア製品が最新のバージョンであるかを確認するツール「MyJVNバージョンチェッカ」の対象に、「Becky! Internet Mail」、「OpenOffice.org」、「VMware Player」を追加し、公開したと発表した。

このツールは簡単な操作でパソコン内のソフトウェアが最新の状態かどうかを確認することができるもので、2009年11月から公開されている。IPAによると公開からの累計で約2,000万件のアクセスがあるという。

今回追加されたソフトウェアは、広く利用されているメールソフト「Becky! Internet Mail」、オープンソースの文書編集ソフト「OpenOffice.org」、そして仮想化環境を実現できるソフト「VMware Player」の3種類。これにより計12種類のソフトウェアのバージョンチェックが可能となった。

IPAでは、昨今ソフトウェアの脆弱性を狙った攻撃が増加しており、その対策として、一般の利用者に本ツールが広く活用されることを期待している。

「MyJVNバージョンチェッカ」のチェック対象ソフトウェアを拡充(IPA)
MyJVN バージョンチェッカの使い方(JVN iPedia)

関連キーワード:

MyJVNバージョンチェッカ

Office

  • スマートフォンやタブレット端末のビジネス活用について~リモートデスクトップで考える柔軟なワークスタイル~
  • カテゴリートップへ
  • Fast-Flux攻撃とは