1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. Office XPなどのサポートが終了 早急に最新版へアップデートを

Office XPなどのサポートが終了 早急に最新版へアップデートを

日本マイクロソフトによると、Office XPやWindows Vista Service Pack 1 (SP1)などのマイクロソフト製品のサポートが7月13日をもって終了した。これにより、新規のセキュリティ更新プログラムの配信が終了した。

対象となる製品は以下のとおり。

・Windows Vista SP1
・Windows Server 2008 製品出荷版
・Microsoft Office XP
・.NET Framework 3.0/3.0 SP1/3.0 SP2/3.5
・Exchange Server 2007 SP2

これらの製品を使用しているユーザーは、最新版への移行が強く推奨される。Office XPについてはOffice 2007やOffice 2010への移行、Vista SP1についてはSP2の適用やWindows 7への移行が推奨される。

サポートが終了したソフトウェアを使い続けると、脆弱性が発見されても更新プログラムが提供されず、パソコンのセキュリティ状態を最新に保つことができない。このため、脆弱性を解消しないパソコンで悪意あるWebサイトにアクセスすると、閲覧しただけでウィルスに感染するといった危険性などが考えられる。

なお、7月13日までに Windows Update や Microsoft Update で配信済みのセキュリティ更新プログラムについては、すぐに配信を停止するわけではなく、少なくとも1年間はオンラインで提供されるという。

サポート ライフサイクル終了に伴うセキュリティ更新プログラム配信終了の予告(日本のセキュリティチーム)

関連キーワード:

Office

  • 「フィッシング対策ガイドライン」を改訂
  • カテゴリートップへ
  • mstmp(エムエステンプ)とは