1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. 「なりすまし」目的のID窃盗、仮想社会に進出!?

「なりすまし」目的のID窃盗、仮想社会に進出!?

個人情報を不正に詐取し、それを元に他人になりすますID窃盗について、オンラインゲームやソーシャルネットワーキングといったオンラインコミュニティを狙ったマルウエアが急増しているというニュースが報じられました。

Second Life人気でマルウェアも仮想社会に注目(ITmedia)

セキュリティ対策企業のMcAfeeによれば、個人情報を盗み取るためのマルウエアは、金融機関などのログイン情報を狙ったものが大半を占めていたものが、MMORPG(多人数同時参加型オンラインロールプレイングゲーム)やソーシャルネットワーキングなどのコミュニティーサイトを標的とするものが急増しているということです。

 McAfeeによると、パスワードを盗み出したりキー入力を記録したりするマルウェアは増加の一途にあり、2004年1月から2006年5月にかけて250%増加。その後も増え続けて、2007年6月末の時点ではこの種のマルウェアが3万5000件近くに達し、2008年初頭までに4万5000件に達する勢いだという。

 こうしたマルウェアは金融機関などのパスワードを狙ったものが大半を占めていたが、MMORPGやソーシャルネットワーキングなどのコミュニティーサイトを標的とするものも急浮上しているという。

記事によると、こうした背景として、McAfeeは仮想経済や電子通貨への関心の高まりを挙げています。Second Lifeなどのように、仮想社会での経済活動が実体経済と結びつくシーンが増えたことで、こうした仮想社会をターゲットにした新しい犯罪の手口が創出される可能性は、今後、高まることが考えられます。

ネットワーク経由で個人情報を盗み出そうとする手口はどんどん多様化、巧妙化していくので、日頃からセキュリティ関連のニュースに関心を持ち、厳重な管理を心がけたいものです。

関連キーワード:

MMORPG

Second Life

  • ファイルを人質に取る「ランサムウエア」の被害が報告される
  • カテゴリートップへ
  • 「セキュリティかるた」の作成を新人教育の演習に