1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. 2007年の個人情報漏えい事件、被害者は約3000万人、想定損害額は2兆円超との調査結果

2007年の個人情報漏えい事件、被害者は約3000万人、想定損害額は2兆円超との調査結果

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は、「2007年度 情報セキュリティインシデントに関する調査報告書」(速報版)を発表しました。

「被害者は3000万人、想定損害額は2兆円」、2007年の個人情報漏えい(IT Pro)

記事によると、2007年に国内で起きた個人情報漏えい事件は864件、情報漏えいの被害にあった被害者の数は3,053万1,004人と、ともに2006年の数値から大幅に増加しました。

なお、想定損害賠償総額は2兆2,710億8,970万円と2兆円の大台を超えました。

注目すべきは情報漏えいの原因で、上位からそれぞれ(1)「紛失・置き忘れ」(20.5%)、(2)「(情報の)管理ミス」(20.4%)、(3)「誤操作」(18.2%)、(4)「盗難」(16.6%)、と人的ミスによるものが実に75%を超えています。ちなみに、「ワーム・ウイルス」によるものは5位で8.3%でした。


情報漏えいの原因(記事より引用)

一方、情報漏えいの経路は、「紙媒体経由」が最も多く40.4%。次いで「Web・ネット経由」が15.4%、「USBメモリーなどの記憶媒体経由」が12.5%、「PC本体」が10.9%という順でした。


情報漏えいの経路(記事より引用)

情報漏えいを防止するためには、何気ない日常の行為を見直すことが大事だということを示す調査結果といえるでしょう。

  • セキュリティめがね 第3回 サラリーマンによる情報漏えいの3大原因
  • カテゴリートップへ
  • 時刻認証とは