1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. Storm Wormの新手口、今度は「第三次世界大戦」

Storm Wormの新手口、今度は「第三次世界大戦」

「第三次世界大戦が始まった」などとするショッキングな件名のスパムが出現したとセキュリティ各社が報じています。スパムのリンク先は悪意のサイトで、Storm Wormの新手口であるとされています。

「第三次世界大戦が始まった」――スパムメールが大流行(ITmedia)

記事によると、米国US-CERT社をはじめセキュリティ各社が7月9日に一斉に伝えたもので、問題のメールは「The beginning of The World War III」(第三次世界大戦の開戦)「US Army invaded Iran」(米軍がイランに進攻)などの件名で出回っているとのこと。

本文に記載されたリンクをクリックすると悪意のサイトに誘導されます。このサイトは巨大なキノコ雲の画像を使った動画再生画面を表示し、動画視聴のためにクリックを促すということです。


悪意のサイトには戦争を想起させるキノコ雲が(記事より転載)

動画を視聴しようとリンクをクリックしたり、サイトに貼られたバナー広告をクリックしたりするとトロイの木馬に感染します。また、IFRAMEの脆弱性を悪用したコードも仕掛けられているとのことで、ユーザーは遠隔地から悪意の第三者にPCを乗っ取られる危険性があります。

米国で報じられた英文スパムの事例とはいえ、こうした世間的関心の高い事件に便乗した悪意のメールは今後日本でも出回る可能性があります。

メールの取り扱いには十分注意したいものです。

  • ヒープオーバーフローとは
  • カテゴリートップへ
  • 「インターネットは終焉する」スパムでマルウエアに感染