1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. USBメモリに感染するウイルスの被害報告数が過去最高に

USBメモリに感染するウイルスの被害報告数が過去最高に

セキュリティ対策企業のトレンドマイクロ社は、「インターネット脅威マンスリーリポート」(9月)を発表し、この中で、USBメモリ等に感染するウイルスの被害が過去最高になったと報じました。

USBメモリ感染のウイルス被害が過去最高に――トレンドマイクロ報告(ITmedia)

このウイルスは「MAL_OTORUN」というウイルスで、記事によると、9月の被害報告件数は347件と、1位を記録した8月の143件から倍増以上を記録し、2ヵ月連続で1位となりました。不正プログラム等を収集し、分析するためのハニーポットで検出したウイルスのうち、実に53.7%がMAL_OTORUNをはじめとするUSBメモリに感染するタイプのウイルスだったということです。

また、記事は詐欺的セキュリティソフトの増加についても言及しています。

7月以降に世界中で猛威を振るっている詐欺的セキュリティソフトの一種である「TROJ_FAKEAV」が、9月のレポートでは新たに報告件数トップ10にランクインしました。

こうした偽のセキュリティソフトは、詐欺行為だけでなく、感染したPCから個人情報などを詐取する被害が生じる可能性があり、記事では「警告表示に慌てず、周囲やウイルス対策ソフトウエアメーカーに確認してほしい」と注意喚起しています。

<当ブログ内の関連記事>
USBメモリに感染するウイルスの発生が増加

  • 「セキュリティいろはかるた 読み札募集!!」開始のお知らせ
  • カテゴリートップへ
  • オンラインゲームのポイントがもらえると偽り個人情報を詐取