1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. IPAが技術レポートの中で「自信過剰な人ほどセキュリティの被害に遭いやすい」と指摘

IPAが技術レポートの中で「自信過剰な人ほどセキュリティの被害に遭いやすい」と指摘

IPAが技術レポートの中で「自信過剰な人ほどセキュリティの被害に遭いやすい」と指摘独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は、9月13日、インターネットユーザーが情報セキュリティ被害に遭うのを防止するためのレポート「IPAテクニカルウォッチ」(第10回)を公開した。

これは、ユーザーが安心・安全にインターネットを利用するための対策の必要性に鑑み、ウィルスやフィッシングといった情報セキュリティの脅威を分析し、傾向を取りまとめたもの。2005年度から実施されている「情報セキュリティの脅威に対する意識調査」をもとに、被害に遭遇した個人の属性に着目し、被害経験の有無に影響を与える要因を明らかにしている。

これによると、「メールの添付ファイルやWebサイトでの安易なダウンロードに注意するといった意識的な対策を実施している」「情報セキュリティに関する情報を収集・処理できる」の2点が情報セキュリティ被害を低減する要因であると指摘。また、セキュリティに関する(客観的な)知識が豊富であっても人間の行動心理(認知)が影響することで、必ずしも正しい判断を下せるとは限らないということを検証した結果、自信過剰な人ほどフィッシングや不正利用(オンラインバンクやオンラインゲームのアカウント等の「なりすまし」)の被害に遭いやすい傾向があることが判明した。

同レポートは以下のサイトよりPDFでダウンロードできる。

『情報セキュリティに関する被害と個人属性』のレポート(IPA)

関連キーワード:

IPA

IPAテクニカルウォッチ

  • 福田浩至氏に聞く「安心で効果的なソーシャルメディアとのつきあい方」(後編)
  • カテゴリートップへ
  • UDIDとは