1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. モジラが「Firefox 13」正式版をリリース

モジラが「Firefox 13」正式版をリリース

モジラが「Firefox 13」正式版をリリースモジラは6月5日(現地時間)、Webブラウザー「Firefox」の最新版「Firefox 13」を公開した。Windows版、Mac版、Linux版がモジラのサイトからダウンロードできる。また、既存ユーザーには、自動更新が適用される予定であるという。

最新版では、スタートページと新規タブページのデザインが一新された。スタートページには、ブックマークや履歴、オプションといったよく使われるメニューへのショートカットボタンを配置。新規タブページには、最近訪れたページがサムネイルで一覧表示されるようになった。また、Webページの読み込みを高速化するSPDYプロトコルも初期設定で有効にするなど応答性の向上が図られているという。

セキュリティ関連では、合計7件(うち4件が重要度が「最高」ランク)の脆弱性が修正されている。なお、Android 版は現在、抜本的な設計の見直しを伴う開発を行っているため、今回は、前バージョンからセキュリティ問題の修正と安定性の向上のみを行ったマイナーバージョン(バージョン10.0.5)が公開されている。既存ユーザーには数日中に更新通知が届くので、改めてダウンロードする必要はないとモジラは述べている。

対象ユーザーは最新版への早急なアップデートが推奨される。

次世代ブラウザ Firefox -- 高速・安全・カスタマイズ自在な無料ブラウザ
Firefox の最新版には Web ブラウジングをより速く簡単にする改良がいくつも - スタートページとタブページを一新、SPDY プロトコルにも対応(Mozilla Japan ブログ)
Firefox 13.0 リリースノート
Android 版 Firefox 10.0.5 リリースノート
Firefox セキュリティアドバイザリ
「Firefox 13」正式版が公開、スタートページと新規タブページを刷新(INTERNET Watch)

関連キーワード:

Android

Firefox

Mozilla

  • 2012年5月のIT総括
  • カテゴリートップへ
  • 脆弱性を悪用してマルウェアに感染させるPowerPointファイルに注意喚起