1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. PayPalを騙り悪意の添付ファイルに感染させる英文スパム

PayPalを騙り悪意の添付ファイルに感染させる英文スパム

米国で、インターネットを利用した電子決済サービス「PayPal」からのメールを偽装したスパムが報告されています。米国のセキュリティ企業のトレンドマイクロ社が11月18日のブログで伝えたもので、悪質な添付ファイルを開かせようとする手口のようです。

PayPalを装う偽メール、添付ファイルでワームに感染(ITmedia)

記事によると、PayPalのユーザー宛の文面を偽装しており、アカウントが不正アクセスされた形跡があると警告する文面となっています。

「あなたのアカウントが第三者に不正アクセスされた形跡があります。添付の報告書を読んで、何か不審な点があったらご連絡ください」などの内容を記載し、添付のZIPファイルを開くよう仕向ける。

実際の添付ファイルは報告書ではなくワームが仕込まれており、ファイルを開くとPCがウイルスに感染するとのことです。

PayPalについては、セキュリティ上の問題を警告する文面でログインする旨、英文で記載したスパム(個人情報を詐取するフィッシングの手口)が過去にも報じられています。

本物そっくりに偽装して送られてくる点に留意し、心当たりのないメールや、不明な送信元のメールはうっかり信じてURLをクリックすることのないよう注意が必要です。

  • USBメモリ経由のマルウエア感染が引き続き増加
  • カテゴリートップへ
  • Mac OS Xを狙ったマルウエアが報じられる