1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. 新生活のためのPCセキュリティ対策7ヵ条を発表

新生活のためのPCセキュリティ対策7ヵ条を発表

ドイツのセキュリティ対策企業ジーデータ社は、新入社員や新入生など、新生活が始まる時期に心がけるべきPCセキュリティの対策について発表しました。

新入社員に送るPCセキュリティ対策7ヵ条――G Dataが提言(ITmedia)

世間の注目が集まるイベントや季節行事は、犯罪者にとっても格好の標的であるため、ウイルス拡散を狙ったスパムやセキュリティ攻撃が頻発することでも知られています。

記事によると、今年は既に、3月31日に「新生活応援キャンペーン実施中!」なるスパムが配信されたこともあるということで、新生活のために留意すべき7つのセキュリティ対策を、以下の通り挙げています。

1. 必ずデータのバックアップをする――重要なデータは暗号化しておくといい
2. ウイルス被害は自分だけではなく、会社や学校、バイト先にも影響を与える――この機会にPCのウイルス検査を実施すべし
3. USBメモリや外付HDDからのウイルス感染が増加――忘れずにウイルス検査をすべし
4. 無線LANの使用には暗号化を――WEPではなくWPAを使うべし
5. スパムの添付ファイルや不正リンクに警戒を――電子メールを利用する機会が増えるだけに要注意
6. ネット通販やオンラインバンキングの詐欺サイトに注意――個人情報やクレジットカードの情報を入力する時はURLや表示内容の確認をすべき
7. ファイアウォールやHTTPスキャンが利用可能なセキュリティソフトウェアを使用する

また、ノートPCの紛失や盗難による情報漏えいの機会が増えることにも言及し、ノートPCなどを持ち歩く可能性のありそうな歓迎会や花見などでは、特に留意するようアドバイスしています。

なお、ジーデータ社の発表したTIPSは以下のページをご参照下さい。
新生活を迎える方へのPCセキュリティ対策(ジーデータ社)

上記記事以外にも、マイクロソフト社ではこの春、はじめてPCに触るというフレッシャーズ向けに「PCのセキュリティを安全に保つための4つの鉄則」などを解説した特集を公開しています。

フレッシャーズの皆さん、十分なセキュリティ知識はありますか?(マイクロソフト社)

また、セキュリティ対策企業のトレンドマイクロ社は「新社会人 情報セキュリティマナー講座」と題したコラムを公開しています。こちらは、新入社員のトレンド君を主人公に、「メール編」「インターネット編」などのテーマを、動画を用いて分かりやすく解説しています。

新社会人 情報セキュリティマナー講座(トレンドマイクロ社)

関連キーワード:

セキュリティ対策

ファイアウォール

  • チャリンカーとは
  • カテゴリートップへ
  • PowerPointの脆弱性を突いた悪質ファイルに注意