パケットフィルタリングとは

ファイアウォールを通過するパケットの情報を検査し、ネットワークを出入りするデータの流れを制御(通過または遮断を判断)すること。

パケットにはデータの送信元や送信先、IPアドレス、ポート番号などの情報が含まれており、これを参照して通過するかどうかが決定される。どのような方針に基づいて判断するかは、そのネットワークの管理者が任意に設定することができる。

パケットフィルタリングは、ほとんどのルーター機器に実装されており、最も一般的かつ簡便なセキュリティ技術としてファイアウォールの方式の主流になっているが、よく知られているだけに破る手段も多く、他の技術と併用することが多い。

<参考>
・パケットフィルタリング(IT用語辞典)

セキュリティ用語辞典一覧ページへ

関連キーワード:

ファイアウォール

  • 「お祈りパンダ」ウイルス作者に採用話が相次ぐ!?
  • カテゴリートップへ
  • 企業の上層部社員を標的にしたソーシャルエンジニアリングが巧妙化