バックドアとは

クラッカーにより侵入を受けたサーバーに設けられた、不正侵入を行なうための「裏口」のこと。

クラッカーはコンピュータへの侵入に成功すると、次回も侵入できるような侵入経路を、管理者に気づかれないよう設置する。これがバックドアである。バックドアが設置されてしまうと、管理者が不正侵入に気づいて侵入路をふさいでも、クラッカーは前回侵入時に設置したバックドアから再び不正侵入を行なうことができる。

また、ウイルスが感染する際に、外部からの操作を受け入れるための窓口としてバックドアを設置する場合もある。こういうタイプのウイルスをバックドア型ウイルスといい、有名なものには「TROJ_BOSERVER」や「Code Red」などがある。

チエ:バックドアを使って侵入すると、ほとんどの場合、コンピュータのすべての機能を不正に使用できるので、他のコンピュータへの攻撃の踏み台として利用されてしまうのね。
イッセイ:不正アクセスが確認されたら、速やかにディスクのフォーマットやOSの再インストールを行って、バックドアを完全に消去する必要があるんですね。

詳細はこちら↓
・バックドア(IT用語辞典)

セキュリティ用語辞典一覧ページへ

関連キーワード:

クラッカー

バックドア

  • パソコンのパスワードは万全と言い切れるか
  • カテゴリートップへ
  • 8月のフィッシング・サイト数は過去最多−業界団体APWG調査−