EMAとは

正式名称は、有限責任中間法人モバイルコンテンツ審査・運用監視機構(Content Evaluation and Monitoring Association)で、モバイルサイトの健全な発展を目指し、有害サイトを規制する活動を行うために2008年4月8日に設立された第三者機関のこと。

現在、携帯電話事業者が提供するフィルタリングサービスでは、特定のカテゴリに属するだけで閲覧制限が行われているのが実情で、発信者の表現伝達の自由や受信者の知る自由の阻害が問題となっている。そこで、EMAは独自の認定基準「コミュニティサイト運用管理体制認定基準」を策定し、Webサイトに対する健全性の認定やその後の監視を実施する活動を行っている。

こうした活動を受け、2008年9月、携帯電話・PHS事業者は、各事業者が提供する未成年契約者向けフィルタリングサービスに、EMAが認定したWebサイトを反映することを2009年1月下旬から実施することを発表した。

EMAによる認定制度や啓発活動などを通じて、モバイルインターネットの利用環境におけるセーフティネットの整備が期待される。

セキュリティ用語辞典一覧ページへ

  • 米大統領選やグルジア紛争などに便乗したスパムが増加
  • カテゴリートップへ
  • 不正プログラムの配布に最も利用されやすい米国セレブランキング