WPSとは

WPS(Wi-Fi Protected Setup)は、無線LANの接続や暗号化など各種セキュリティ設定を簡単に行うための規格で、無線LANの普及推進団体であるWi-Fi Allianceが2007年1月に策定したもの。

無線LANを利用するためには、アクセスポイント同士の混信を避けるために設定するESSIDや、脆弱性が指摘されたWEPの後継としてユーザ認証機能や暗号鍵の自動交換を行うTKIPを採用したWPAAESに対応したWPA2といった暗号化設定など、様々な設定を行わなければならない。そうした設定が煩雑なため、実際にセキュリティ設定が施されていないアクセスポイントが数多く存在し、セキュリティ上の問題が指摘され続けている。

そこで、無線LANの接続及びセキュリティ設定を簡便なものにするために考え出されたのがWPSだ。機器に搭載されたボタンを押すことで接続設定を行うプッシュボタン方式と、機器固有情報を管理機器に登録することで接続設定を行う方法があり、自動的にESSIDやWPA2などの設定を行うことができる。

今後はUSBメモリなど別のデバイスでも簡単に接続設定を行えるようにWPSを拡張する予定となっており、更なる利便性の向上が期待されている。

セキュリティ用語辞典一覧ページへ

関連キーワード:

Wi-Fi

  • DLPとは
  • カテゴリートップへ
  • 【り】理解せず「同意」を押して大失敗