ペアリング暗号とは

ペアリング暗号とは、「離散対数問題」に基づく公開鍵暗号方式の一種で2001年に開発された。離散対数問題とは、与えられた数値gとaに対し、gのd乗がaと等しくなるような整数d(対数値)を求める問題のこと。

同暗号は、ペアリングと呼ばれる関数(「写像」と呼ばれる双線形性をもつ関数)を利用し、従来の公開鍵暗号では実現が困難だった新しいシステムが実現できることが期待されている。

同暗号は、2012年現在、安全性の評価検証などが行われている。「RSA暗号」や「楕円曲線暗号」に続く、次世代(第3世代)の暗号技術として標準化が期待されている。2012年6月には、情報通信研究機構(NICT)と九州大学、富士通研究所の共同研究チームが、278桁長のペアリング暗号の解読に成功、世界記録を更新したことが発表された。これまで「解読には数十万年かかり、事実上不可能」とされてきたが、攻撃法の工夫によって約148日間で解読に成功したという。

セキュリティ用語辞典一覧ページへ

関連キーワード:

ペアリング暗号

  • 2012年8月のIT総括
  • カテゴリートップへ
  • 福田浩至氏に聞く「安心で効果的なソーシャルメディアとのつきあい方」(前編)