ドロップシッピングとは

ドロップシッピングとは、インターネット上における通信販売の形態の一つ。サイト閲覧者がWebサイトから商品等を購入した際、商品の発送業務等を、Webサイト運営者ではなく商品の製造者や卸売事業者等が行う取引形態のこと。

ドロップシッピングという仕組みを使えば、サイト運営者は在庫を抱えず、配送も行わず簡単にネットショップを開設することができる。実際の販売形態は、サイト運営者はドロップシッピングを提供する事業者(ドロップシッピング事業者)と契約し、ドロップシッピング事業者が商品の仕入れや発送、代金の回収等の機能を提供し、サイト運営者は自分のWebサイトへの集客に専念する形を取ることが多い。

自分のWebサイト上で商品を紹介し、サイト閲覧者が自分のWebサイトを経由して商品を購入した際に売上の一部を受け取ることのできるアフィリエイトという仕組みがある。

在庫を抱えることなく商品等を販売する点では、アフィリエイトと似ているが、アフィリエイトは商品の紹介、つまり、実態は販売事業者への誘導(送客)であるのに対し、ドロップシッピングは自分のWebサイト上で商品の値段を自由に設定し、販売を行うことができるという特徴がある。

在庫を持たずに少ないリスクでネットショップを運営できる、価格設定を自分で自由に行えるといった長所が挙げられる一方、利益率が低くなる、リピーターを確保するのが難しいといった短所が指摘される。また、最近では、「簡単に儲かる」「すぐに元が取れる」などという触れ込みでユーザーを勧誘し、初期費用などの名目で高額な金額を支払う契約を締結させる事業者とのトラブルが報じられていた。3月1日には、東京都が都内のドロップシッピングサービス事業者2社に対し、特定商取引法に基づく初の処分となる9ヵ月間の業務停止命令を出している。

ドロップシッピングを利用してネットショップを始める場合は、ドロップシッピング事業者の提示する初期費用などの条件をよく確かめてから契約することが大事である。

「手軽な副業」苦情が急増...ドロップシッピング(読売新聞)
東京都、ドロップシッピング事業者2社に業務停止命令〜虚偽説明や誇大広告(so-netセキュリティ通信)

セキュリティ用語辞典一覧ページへ

関連キーワード:

アフィリエイト

ドロップシッピング

ネットショップ

  • 「大江戸セキュリティくろすわーど」第4回 締切間近!
  • カテゴリートップへ
  • 「アップルストア」を騙る悪質なメールに注意