1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティ用語解説
  3. 広告識別子(Advertising Identifier)とは

広告識別子(Advertising Identifier)とは

広告識別子(Advertising Identifier)とは、iOS 6より導入された識別子(区別のために付される文字列)のこと。iOS搭載端末を利用するユーザーの趣向に合わせた広告を表示する目的で利用される。

広告識別子は端末(個人ではない)を識別するもので、どの端末がどんなアプリを使い、Webページを閲覧しているかを記録することが可能となる。これにより、ユーザーの趣味、趣向に合わせた広告を表示することが可能となる仕組みだ。こうした広告は従来の広告と対比して「追跡型広告」「ターゲット広告」などと呼ばれる。

アップル社が提供する広告ネットワーク(iAd)では、通常の広告のほかに、「追跡型広告」「ターゲット広告」と呼ばれる広告を提供している。こうした広告はユーザーの趣向にあった有益な情報を表示する可能性もある反面、プライバシーに関わる機微な情報が漏えいする可能性もあるため、ユーザー側で広告識別子の活用を拒否(オプトアウト)することが可能になっている(「設定」→「一般」→「情報」→「アドバタイズ」から「追跡型広告の制限」をオン)。

また、一部のスマートフォン向けサイトやアプリの中には、アップル社のiOS端末に割り当てられる端末固有IDである「UDID」を用いてトラッキング(Web閲覧の行動追跡)を行うものもあるが、アップル社はセキュリティ上の懸念を受け、アプリ開発者に向け「iOS5」よりUDIDの取得は非推奨とするよう(アプリ側でユーザーのUDIDを取得しないように開発するよう)方針転換している。将来的には、全ての広告配信事業者が広告識別子を使うよう要求される見通しとなっている。

セキュリティ用語辞典一覧ページへ

関連キーワード:
  • 弁護士・猪木俊宏氏に聞く「法律実務から見るネットサービスのポイント」(前編)
  • カテゴリートップへ
  • 【K子番外編】U子のセキュリティはじめまして!Vol.1 スマホはじめまして