アドウェアとは

アドウェアとは、広告の表示を目的としたソフトウェアの総称。通常は無償でインストールされるもので、Webページを閲覧したときにインストールされる場合や、アプリケーションに同梱され、インストール時に同時にインストールされる場合などがある。しかし、中には、ユーザーに充分な情報を告知せずに何らかの情報を収集するような、マルウェアとみなされるものもある。

アドウェアは、アプリケーションを使用(またはWebを閲覧)するときに広告がポップアップで表示される仕組みで、いわば、何らかの利便性などの代価と引き替えに、広告を閲覧させるという考え方である。しかし、中には、利便性などを提供しないにもかかわらず、ひたすら広告を表示させるものや、プログラムによっては、予期しないパソコンの動作が発生し、正常なパソコン使用の妨げとなるものなどもある。また、ユーザーの趣向を解析するためにアクセス履歴などを収集するアドウェアもあり、そうしたアドウェアは、トロイの木馬やスパイウェアといったマルウェアに分類される。

このような悪意のあるアドウェアは、パソコン起動時に必ず読み込まれるように、OSにソフトウェア本体を組み込んでしまう点や、コンピューターの脆弱性を悪用して勝手にインストールされたりする点が、セキュリティ専門家などにより問題視されている。

セキュリティ用語辞典一覧ページへ

関連キーワード:

スパイウェア

トロイの木馬

マルウエア

脆弱性

  • 2013年10月のIT総括
  • カテゴリートップへ
  • IPAがFacebookでのアカウント乗っ取りについて注意喚起