SDNとは

SDN(Software-Defined Networking)とは、ネットワーク上の通信機器をソフトウェアによって集中的に制御し、ネットワーク構成や設定などを動的に変更することを可能にする技術全般のこと。または、このような技術によって仮想的に構築されたネットワークのことを指すことがある。

仮想的に構築されたネットワークは「ネットワーク仮想化」とも呼ばれ、これはSDNを用いたネットワーク形態の一種であり、また、ネットワーク仮想化はSDNとは別の技術によって実現できる場合もあるため、厳密には両者は区別される必要がある。

SDNを用いると、物理的に接続されたネットワーク上に、別途仮想的なネットワークを構築することが可能になる。従来のネットワークでは、目的に応じた通信機器を設置、設定する必要があった。こうした各通信機器の制御機能をソフトウェアによって集中管理することにより、どの機器にどういう役割をさせるかといった設定を、スピーディに、柔軟に行うことが可能になる。

例えば、あるネットワークを設定するために、ファイアウォールやロード・バランサーなどのネットワーク機器を設置し、そこにWebサーバーを接続することが、ケーブルや機器に触ることなく、管理用ソフトの設定画面により行えるようになる。これにより、トラフィックの状況やアプリケーションの要求、あるいは組織のセキュリティポリシーに合わせて、ネットワーク構成を動的に、柔軟に変更できるようになる。

クラウドコンピューティングにより、サーバーの調達は、物理的なサーバーの購入、設置から、管理画面の操作により、必要なときに、必要なだけ仮想化されたサーバーを利用できるようになった。

SDNをはじめとする仮想化技術により、ネットワークも、物理的なケーブルやネットワーク機器の設置、設定という制約から離れ、管理画面で必要な構成を選択、利用できるという利用形態が、今後ますます普及していくことが考えられる。

セキュリティ用語辞典一覧ページへ

関連キーワード:

クラウドコンピューティング

ネットワーク

仮想化

  • 「Adobe Flash Player」の定例外アップデート(APSB14-26)が公開される
  • カテゴリートップへ
  • 2014年11月のIT総括