1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティ用語解説
  3. セーファーインターネット協会(SIA)とは

セーファーインターネット協会(SIA)とは

セーファーインターネット協会(SIA)は、インターネットの自由の保護と社会的課題の解決を目的とした一般社団法人。

表現の自由や各種権利侵害を調整し、突発的な事件などを契機に起こる「炎上」によるプライバシー情報の流出や、違法・有害情報対策などにおいて、定量的な効果検証に基づいた対策を模索し、国内外に政策提言を行っている。

2013年11月にヤフー、アルプスシステムインテグレーション、ピットクルーの3社で設立され、現在は、ミクシィ、グリー、サイバーエージェント、さくらインターネット、GMOグローバルサイン、アマゾンジャパンが賛助会員となっている。ネットユーザーからの連絡等に基づき、インターネット上の違法な情報や有害な情報などの削除要請や警察への通報を行うサイト「SafeLine(セーフライン)」を運営している。

セーフライン事業の背景には、スマートフォンの普及に伴い、近年、スマートフォンを利用した様々なトラブルが報じられていることがある。特に、青少年の利用トラブルが深刻化し、大きな社会問題となっている一方、従来型の違法・有害情報は、国内のサーバーからの排除は進んでいるとはいえ、国際的な対応は難しい状況だ。こうしたことから、SIAでは、インターネット利用者からの連絡等をきっかけとして、問題のある情報の管理者に対して削除を促したり、警察へ通報したりしている。

一般社団法人セーファーインターネット協会
セーフライン

セキュリティ用語辞典一覧ページへ

関連キーワード:

SafeLine

社会的課題

  • 2015年度上半期の標的型攻撃の相談は246件、業務で使用したメールを悪用したケースも
  • カテゴリートップへ
  • 海外SNSの友達リクエストを承認すると、勝手に自分名義の招待メールが送信される事案に注意喚起