SmartScreenとは

SmartScreenとは、マイクロソフト社の「Windows」が備える有害サイト対策機能の一つ。Windows 7では、「Internet Explorer 8」以降のブラウザに装備され、Webサイトを閲覧した際、フィッシングサイトやマルウェアサイトにアクセスしようとした場合、警告ページを表示し、アクセスを遮断するなどの機能を提供する。

Windows 8以降では、上記の機能に加え、Webからダウンロードしたアプリケーションを実行した場合にも、悪意のあるアプリケーションでないかを確認する。もし、ユーザーがダウンロードしたアプリケーションが悪意のあるアプリケーションである可能性があるときは、警告画面が表示される。なお、SmartScreenは、Windowsにおいて既定で有効になっている。

メール等に記載されたURLや、掲示板やSNSなどに書き込まれたURLなどを悪用し、ユーザーを詐欺サイトやマルウェアサイトに誘導しようという手口がある。こうした被害を未然に防ぐため、メール等に記載されたリンクは容易にクリックしないといった慎重な対応を心がけるとともに、SmartScreenなどのセキュリティ機能を利用することが大切である。

SmartScreen フィルター(Microsoft Windows)
SmartScreen フィルター機能を使う(Windows ヘルプ)

セキュリティ用語辞典一覧ページへ

関連キーワード:

Internet Explorer

フィッシング

マイクロソフト

マルウェア

  • Twitterが嫌がらせツイートへの対策やブロック機能を改善
  • カテゴリートップへ
  • 「Adobe Flash Player」「Adobe Reader」の最新版が公開される(APSB14-27)(APSB14-28)