テザリングとは

テザリング(tethering)とは、携帯電話会社の通信網を用い、スマートフォン本体をモバイル無線LANルーターとして利用し、他のコンピューター等をインターネットに接続すること。テザリング機能とは、スマートフォン本体をモバイルルーターとして利用することができる機能を指す。

テザリング機能を備えたスマートフォンがあれば、パソコンやゲーム機などのモバイル通信を内蔵しない機器を、屋内、屋外に関係なくインターネットに接続することができる。

テザリングには、携帯電話会社の3G回線やLTEなどを用いる「Wi-Fiテザリング」や、スマートフォンと機器同士をUSBケーブルで有線接続する「USBテザリング」、そして、近距離無線規格であるBluetoothを用いて機器同士を接続する「Bluetoothテザリング」などの種類がある。それぞれ、通信速度や、通信途上の盗聴等のセキュリティ上の問題、またはバッテリーの消費量などの面でメリット、デメリットがあるので、用途や利用環境などに応じて使い分ける必要がある。

また、テザリングを利用する際の注意点として、データ通信量の問題がある。各携帯電話会社とも月間におけるデータ通信量について制限を設けており、制限を超えたデータ通信を行うと、通信速度が制限される場合がある。動画コンテンツの閲覧などはデータ量の大きい通信となるので、スマートフォンを利用する場合は、自宅に無線LAN環境がある場合は、宅内ではそちらを利用してネット接続するようにするなど、データ通信量に注意しながら利用することが大事だ。

スマートフォンを安全に使うためには(情報セキュリティブログ)
テザリングとは(NTTドコモ)
テザリング(au)
4G/LTE対応スマートフォン向けの新たな施策について(ソフトバンクモバイル)

セキュリティ用語辞典一覧ページへ

関連キーワード:

スマートフォン

テザリング

  • アップルがiOS最新版「6.1.2」を公開
  • カテゴリートップへ
  • IPAがスマホ向け情報セキュリティマンガ