Tor(トーア、トアー)とは

Tor(トーア、トアー)とは、インターネット通信における接続経路の秘匿化を実現する規格、およびソフトウェアのこと。米海軍調査研究所(NRL)が、匿名でオンライン上の諜報活動を行なうために開発したネットワーク技術「オニオン・ルーティング」をベースに、オープンソース・コミュニティのプログラマーが開発したもので、誰でも無料で利用することができる。Torは「The Onion Router」の略。

Torは、P2P技術を利用し、複数のTorサーバーにより構成される。Socksプロキシ(イントラネットのような内部ネットワークとインターネットとの境にあって、ユーザーの代わりに通信を行う代理サーバー)として動作することにより、インターネット上に仮想的な匿名ネットワークを形成することができる。

Torは、無作為に選ばれた複数のTorサーバーを経由して目的のサイトへアクセスする。経由するTorサーバーは常に切り替えられ、どこを経由したか特定を困難にする。このように、Torは接続経路の秘匿化を行うものであり、通信内容を秘匿するものではない。また、Torを利用したとしても完全な匿名性が保証されるわけではない。

Torを用いることにより、アクセス元のIPアドレスを秘匿してWebの閲覧等ができる。もとは諜報活動などの軍事目的の技術であり、例えば、ネット閲覧の自由が制限されている国において情報発信を行うことや、内部告発などに利用することを目的としていた。しかし、Torの匿名性を利用し、犯罪に悪用されるケースも存在する。特に、企業内のパソコンにTorをインストールし、勤務時間中にTor経由でインターネットに接続するケースなどが報じられていることなどもあり、企業の内部ネットワークからの通信に対するセキュリティ対策が急務であると指摘する専門家もいる。

セキュリティ用語辞典一覧ページへ

関連キーワード:

P2P

匿名

  • IPAがGoogle Play上で発見されたAndroid向けの不正アプリにつき注意喚起
  • カテゴリートップへ
  • K子のちょっとセキュアな日常 Vol.23 「リアルタイム検索」で身元バレ? ソーシャルメディアでの思わぬ失言を防ぐ対策